• (C)時事通信

平成30年7月梅雨前線等による豪雨災害により、生命や身体に危害を受ける災害が発生しました。
政府は非常対策本部を設置しましたが、被害は拡大し続け、7月11日時点で、広島、岡山など13府県で176人の方がなくなり、安否不明者は61 人に上っています。
豪雨災害でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の皆さまにお悔やみを申し上げます。また、被災された皆さまに謹んでお見舞いを申し上げます。
これらの状況を受け、Yahoo!基金では被災地や被災地の住民の方々を支援するために緊急災害支援募金を立ち上げました。
みなさまのご支援、ご協力をよろしくお願い申しあげます。

【7/9追記】
※2018年7月8日15時35分時点で、マッチング寄付上限の3000万円に到達したため、Yahoo! JAPANからの同額寄付の取り組みは終了しましたが、引き続きみなさまからのご寄付は受け付けております。
※気象庁が7月9日に今回の災害を「平成30年7月豪雨」と命名したことに伴い、募金名を「平成30年7月豪雨緊急災害支援募金」に変更しました。
※今後被害の状況に応じて支援先を追加する場合がございます。
※このページに表示される寄付総額、寄付人数は5分おきに更新されます。

寄付金の使いみち

被災都道府県もしくは被災市町村への義援金を予定しています。
また、被災地の復旧活動、被災者の生活再建を目的とした支援活動にも使用させていただく場合があります。
詳しい使いみちは、決定次第この募金ページのほか、Yahoo!基金のホームページ、TwitterのYahoo!基金アカウントなどSNSを通じてご報告します。