• 2

見逃されている社会の課題に取り組む人たちがいます。社会からの関心が低く、問題の背景や活動の実態を知る機会は数多くありません。Yahoo!基金はこの課題に着目し、新たなプロジェクトを立ち上げました。

貧困、虐待、就労、福祉…社会の課題を多くの人に伝えたい

Yahoo!基金は、2017年7月から「NPOの知らせる力(ちから)プロジェクト」を立ち上げます。
このプロジェクトは、NPO法人等の非営利団体で活躍する方々が取り組んでいる「社会の課題」をより多くの人たちに「届ける」ためにさまざまな支援をおこなうものです。

行政支援が及ばない課題、民間では事業性がなく見過ごされている課題、社会にはさまざまな解決できない課題が存在しています。
こういった課題の多くは、ニュース性や話題性が低く、そもそも人の目に触れる機会が多くありません。

支援活動に取り組む方々は、たまたまその課題を知ってしまったが故に、いても立ってもいられず手を差し伸べたというケースも多いと思います。

Yahoo!基金は、こうした社会の課題を発見し、改善や解決に向けて取り組んでいる人たちの声が、もっと社会に届きやすくなるべきだと考えています。
そして、この考えを具体化していくために、社会課題の「知らせ方、伝え方」を育んでいくための支援をおこないます。

寄付額が2倍に

当プロジェクトには、Yahoo! JAPANからのマッチング寄付が適用されます。 あなたからのご寄付が2倍になります。
マッチング寄付を含めたご支援の全額が、このプロジェクトのために使用されます。

マッチング寄付は、Yahoo!基金の口座に入金した募金額に対して、同額をYahoo! JAPANが寄付する仕組みです。マッチング寄付金額には上限があります。上限金額はYahoo!基金が実施している募金すべてを合計して毎月500万円です。ただし、募金毎にマッチング寄付の上限金額を設定している災害緊急支援募金はこれに含みません。上限を超えても支援はおこなえますが、超過分のご支援はマッチング寄付の対象にはなりません。

ヤフオク!で支援

本プロジェクトは、ヤフオク!の利用を通じても支援いただけます。
ヤフオク!にチャリティー商品を出品する(「売る」で支援する)と、ヤフオク!でチャリティー対象商品を落札する(「買う」で支援する)の2つ方法があります。
詳しくは、reU funding(リユーファンディング) from ヤフオク!のページでご確認ください。

寄付金の使いみち

セミナー等を通じた「知らせる力」の養成、ポスターセッションやピッチイベント等を通じた「知らせる場」の機会創出など、ひろく「NPOの知らせる力」に繋がる支援のため活用いたします。
具体的な使い方は、Yahoo!基金ホームページ、Twitter等を通じて都度ご報告いたします。