IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ウクライナ危機】子ども・女性を含む避難民へ
緊急食糧・日用品支援(グッドネーバーズ・ジャパン)

寄付受付開始日:2022/03/02

  • 領収書なし
[【ウクライナ危機】子ども・女性を含む避難民へ 緊急食糧・日用品支援(グッドネーバーズ・ジャパン)]の画像
周辺国へ逃げるウクライナの人々(2022年2月28日、ポーランド)

認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン

プロジェクト概要

更新日:2022/05/23

ルーマニア等周辺国へ調査隊を派遣します

2022年2月24日以降、ロシアによる軍事侵攻が続く中、ウクライナから隣国のポーランドなどに避難した人の数は50万人を超えました(UNHCR、2022年2月28日時点)。

OCHA/Ukraine: Humanitarian Impact Situation Report(2022年2月28日)

グッドネーバーズのジュネーブ国際協力事務局が、UNOCHA/UNHCRとの会議に参加し情報収集を行っていますが、今後、避難民がさらに増え、厳しい寒さの中で食糧や毛布などの緊急支援物資やさまざまな支援が必要となることが予想されることを受け、グッドネーバーズは第一弾として30万ドル規模の緊急支援を決定しました。

まずは隣国ポーランドやルーマニアにスタッフを派遣しニーズ調査や現地パートナー選定を開始します。
その後活動地域を選定し、子どもや女性を含む最も弱い立場にある人々を対象に、現地パートナーと連携し、食糧、日用品、その他の保護活動を行います。

これに伴い、グッドネーバーズ・ジャパンでも緊急支援募金を開始しました。
支援を必要としているすべての女性や子どもたちのため、どうか、緊急支援募金にご協力をお願いします。

<目標金額引き上げのお知らせ>
復興支援も視野に入れて長期的に活動していく方針が決まり、避難を強いられている人々へのさらなる支援継続のため、目標金額を引き上げいたします。(2022年4月14日更新)

寄付金の使いみち

Yahoo!ネット募金によるご寄付は、食糧や日用品など、グッドネーバーズが行うウクライナの避難民支援のための活動に大切に使わせていただきます。

活動報告は随時当団体WEBサイト上で報告いたします。

”#ウクライナ緊急支援”

活動情報

更新日:2022/05/23

子どものこころのケア(2022年5月23日更新)

これまでに下記の内容を中心とした支援を行いました。

【子どものこころのケア】
グッドネーバーズは、避難民のおよそ半数にものぼる子どもたちのこころのケアのため、ルーマニア国内に4つのチャイルド・フレンドリースペース(CFS)を設け、2022年4月29日までに582人の子どもたちを支援してきました。

2022年5月に撮影された、ルーマニア国内のチャイルド・フレンドリースペース(CFS)での様子

「ウクライナでは、”子どもの保護”という概念があまり一般的ではありませんでしたが、グッドネーバーズのプログラムを通じ、その大切さが認識され始めています。プログラムに数回参加した子どもたちが、精神的に安定するようになった姿を見て、やりがいを感じています。」
緊急支援チームのマネージャー Duri Chaさんより

【食糧配布】
ウクライナ最大の港湾都市オデッサなどに、計152.5トン(1700万円相当)の食糧を15,749世帯へ配布しました。

ルーマニアからウクライナへ、配布用食糧を載せ移動する輸送車(2022年5月12日)

【避難民の移動支援】
ルーマニアのウクライナとの国境付近イサクチャから首都ブカレストまで、計45回で1,614人の移動を支援しました。

お知らせ・レポートについてはこちら
子どものこころのケアを行っています
連携を強化しさらなる支援へ
CFSで過ごす子どもの動画を公開しました

食糧支援や移動のサポートを進める(2022年4月14日更新)

「戦闘が近づくにつれ、砲撃とサイレンが毎日街中に鳴り響くようになりました。だから、自宅から避難することにしたんです。」

「これからどこに行って何をすればいいのか、まったくわかりません。今は到着したばかりなので、特に私たちに必要な支援は思いつきませんが、ウクライナに残された人々は緊急の支援を必要としています。どうか助けてあげてください。」
(タチアナさんとタチアナさんの母親のお話より)

2022年4月11日時点、460万人以上の避難民が近隣諸国に避難していますが、そのうち70万人以上がタチアナさんの家族と同じようにルーマニアに逃れてきています。

グッドネーバーズは、ルーマニアを拠点として、主に子どもや女性を含む最も弱い立場にある人を対象に、国内避難民への食糧・日用品、その他の保健活動を行い、国外へ逃れた難民へは避難所などへの安全な移動のサポートを行っています。グッドネーバーズ・ジャパンも2022年3月23日より2名のスタッフをルーマニアに2週間派遣し、現地パートナーと連携して調査を行いました。

これまでの支援内容
【食糧配布】
・計127.7トンの食糧を13,570世帯へ配布
(配布地域:Reni, Kiliya, Doyns'ke, Lymans'ke, Molodiya(Chernivtsi), Odessa, lzmile, Cherkasy)

ウクライナのKiliyaで配布した食糧の一部(2022年3月18日)

【ルーマニアに避難した子どものこころのケア事業】
・ルーマニアの地方政府が実施している避難所でのチャイルドプロテクションプログラムの準備
・PTSD(心的外傷後ストレス障害)のワークブックを準備
・協会の一部を使用してチャイルド・フレンドリースペースを運営

チャイルド・フレンドリースペースで過ごす子どもたち(2022年3月25日、ルーマニア東部国境エリアの町・ガラツ)

【避難民の移動支援】
・グッドネーバーズの拠点(Galati市、ルーマニア東部でウクライナ南部との国境付近に位置)にて、難民を人身売買や連れ去りから守るため、バスでの安全移動をサポート

避難民を輸送するバス車内の様子(2022年3月24日、ルーマニア東部国境エリアの町・イサクチャ)

お知らせ・レポートについてはこちら
食糧配付とこころのケア
ルーマニアにグッドネーバーズ・ジャパンのスタッフを派遣しました
難民の移動を支援しています
夫と父親を残して避難することを決断

調査チームより(2022年3月11日更新)

グッドネーバーズが2022年3月3日にルーマニアへ派遣した調査チームはウクライナとモルドバと国境を接するルーマニア東部の都市、Galatiおよび近郊にて現地調査を開始し、いくつかの課題を確認しました。ウクライナ側では治安や支援を届けるためのインフラと物流アクセスの確保が現地支援の大きな課題となっていることが分かりました。さらに、近隣諸国数カ所への救命物資の輸送も求められています。

こうした状況に対応すべく、グッドネーバーズは、ルーマニアで既に支援を開始している現地NGO(Bucur de Viata)とミーティングおよびウクライナ人避難民が多く集まる一時避難所を訪問し、現地にて必要とされる支援ニーズと、想定される支援内容について議論をしました。

訪問した避難所では、食糧や生活物資は不足しておらず、避難所における調整活動の支援や、人身売買のリスクがある子どもや女性の保護や避難所への安全な移動などをニーズとして確認しています。

ウクライナ人避難民が集まるモルドバとルーマニア国境地点のGiurgiuleștiにて現地NGOと打ち合わせするグッドネーバーズのスタッフ(2022年3月5日)

また、現地政府および現地大学との会合も行い、難民の一時保護施設やカウンセリングなどの社会心理支援、子ども広場(Child Friendly Space)設置の他、ルーマニア東部からウクライナ国内への直接緊急支援物資の提供(20t分の油、米、小麦粉、砂糖、缶詰など)など、多岐にわたる支援方法を計画しています。

ウクライナの人道危機に際して、グッドネーバーズは2022年3月7日に、女性や子どもを守るために国際社会の連帯を要請する公式声明を発表しました。

お知らせ・レポートについてはこちら

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
2,951,947
目標金額
6,000,000
達成率49%
残り日数
あと97
2022/09/02 18:00 まで
寄付人数
4,415

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン

グッドネーバーズ・ジャパンは、世界40カ国以上で活動する国際グッドネーバーズ・インターナショナルの一員です。グッドネーバーズは、1996年に国連経済社会理事会(UN ECOSOC)からNGO最高資格である総合協議資格を取得しています。

グッドネーバース・ジャパンは2004年に開設され、現在アジア・アフリカの7カ国で、子どもたちが笑顔で安心して暮らせるための支援活動を行っています。また、2013年より、公益性の高い団体である「認定NPO法人」として東京都から認可を受け、2017年からは新たに国内の子どもの貧困対策に取り組んでいます。

ビジョン
子どもの笑顔にあふれ、誰もが人間らしく生きられる社会

ミッション
国内外のパートナーとともに、貧困および差別の原因や災害・紛争による脅威を取り除く

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト