• 屋根の上て救助を待つ少年(画像:Vientiane Times)

  • 概要
  • 活動情報 2018年10月17日 更新

ダム決壊による水害を受けた被災者への緊急支援物資配布を行います

ラオス人民民主共和国南部アタプー県において、7月23日夜に建設中のダムが決壊したことによる水害で、25日時点で死者26名、行方不明者131名[*1]、約13,000人[*2]が被災したとみられています。
人道支援を必要としている人々のうち、34%は15歳以下の子どもです。[*2]

ダム周辺にある6つの村が流されたとされ、多くの人が住む場所も、農地や家畜などの財産も失いました。緊急に食料や水が必要とされているほか、あらゆる支援が必要になるものとみられます。

グッドネーバーズ・インターナショナルは、災害当日に緊急支援を決定し、26日より調査チームが現地にて被害状況の調査を開始しました。グッドネーバーズ・ラオスと共に必要に応じて緊急支援物資の配布などを行っています。
これに伴いグッドネーバーズ・ジャパンも緊急支援募金を開始しました。日本人スタッフの派遣も視野に入れながら、情報収集を進めています。

[*1]ラオス政府調べ
[*2]Pacific Disaster Center(PDC)調べ

避難する住民たち(画像:Vientiane Times)

住んでいる村を流されてしまったチャンさん
「まさかこんな大洪水になるなんて。ただの大雨だと思っていました。あの日、叔父から電話があり、村のダムに問題が起きたからすぐ逃げるように言われました。それで家族(祖父母、母、娘、甥)と一緒に身の回りのものを少しだけ持って避難しました。
村では私の家も含め、他の家もほとんどが流されてしまいました。避難所は混んでいてうるさくて耐えられず、テントを持って避難所の外で生活しています。私の子どもたちは祖父母や友達と過ごしていますが、子どもたちが安全に遊べる環境ではないし、早く落ち着いて生活できるところに行きたいです」

Khokkong村のチャンさん(22歳)

緊急支援募金にどうかご協力をお願いいたします。

3,264人の女性に衛生用品セットを配布

配布場所:アタプー県samanxay地区
配布日:7月29日
対象:3,264人の女性
配布したもの:生理用品 1,500個、ブラジャー3,264枚、下着 1,358枚

今後は第二次配布として石鹸(せっけん)、歯磨き粉、歯ブラシなどの衛生用品を配布するほか、引き続きニーズの調査を行ってまいります。
ラオスでは今回の水害で、6,630人の被災者が発生したとされていますが、道路が寸断されているため被害状況の正確な把握すら困難です。被災した村人は洪水で家や農地、家畜など生活の糧を流され、あらゆる支援が必要になると思われます。

支援物資を運ぶグッドネーバーズのスタッフ
幼稚園内に作られた避難所

寄付金の使いみち

Yahoo!ネット募金によるご寄付は、グッドネーバーズが行うラオス ダム決壊の水害被災者支援のための活動に大切に使わせていただきます。

活動報告は随時当団体ウェブサイト上で報告いたします。
グッドネーバーズ・ジャパンからのお知らせ・活動報告

※「つながる募金(ソフトバンク)」で寄付をいただいた場合、上記の記載にかかわらず、当団体の活動全般への寄付となります。