概要

2週間毎日、講師による演奏会が行われます

「草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」は、世界一流の芸術家を招き、音楽家を目指す学生に指導をする講習会「アカデミー」と、その講師を中心として2週間毎日開く演奏会「フェスティヴァル」の二本立ての音楽祭です。学生にとっては、直接指導を受けている先生の、リハーサルや練習における緊張感や気分転換の仕方など、演奏会までのすべてを間近で観察し、実践的な学びの機会となります。
33年の歴史を重ね、これまでに多くの演奏家が巣立っていきました。

寄付金の使いみち

一流の演奏家による講習会が充実しています
一流の演奏家による講習会が充実しています

皆さまからのご支援は、音楽祭の運営費に充当させていただきます。2012年実績は以下の通りです。
※講師・出演者の渡航費:789万円(平均24.6万円。経費削減のため、エコノミークラスの利用もお願いしています。往路はお盆の影響で、運賃が高い時期です)
※講師19名の謝礼:1,305万円。マスタークラスは2週間、毎日3時間、約十人の学生を指導します。
※クラスの通訳、伴奏ピアニスト、楽器借用・調律など音楽費:873万円。先生と生徒だけでは、レッスンはスムーズにできません。環境を整えるための費用です。
この他、講師・出演者・スタッフの滞在費、国内交通費、記録費、印刷費など、音楽祭を実施するための費用の総額は、1億円近くとなります。

関信越音楽協会のホームページ
詳細な情報を知りたい方は同団体ホームページをご覧ください。