【重要なお知らせ】

Yahoo!ネット募金やYahoo!基金 をかたるフィッシングサイト(偽サイト)、不正メールにご注意ください

パラスポーツの普及や選手育成に取り組み、
「活力ある共生社会の実現」を目指す

寄付受付開始日:2008/07/15

  • 領収書なし
[パラスポーツの普及や選手育成に取り組み、 「活力ある共生社会の実現」を目指す]の画像
当協会が主催している「ジャパンパラ競技大会」の様子(ボッチャ)

公益財団法人日本パラスポーツ協会

プロジェクト概要

更新日:2022/09/14

共生社会の実現に向けて、ご支援をお願いいたします。

公益財団法人日本パラスポーツ協会は、パラスポーツを通じて「活力ある共生社会の実現」を目指し日々活動をしています。

1.パラスポーツの普及拡大のための環境整備
2.パラスポーツの競技力向上、普及拡大との好循環を推進するための環境整備
3.パラスポーツの理解促進とファン拡大
4.パラスポーツのさらなる発展に向けたJPSAの万全な基盤づくり

詳細はこちら

2021ジャパンパラゴールボール競技大会
2021ジャパンパラ車いすラグビー競技大会
JSC委託事業・JPSA再委託事業「J-STARプロジェクト」

寄付金の使いみち

活力ある共生社会の実現に向けて有効に活用させていただきます。

・パラスポーツの普及・振興のための事業
・次世代の選手の育成・強化、パラリンピック・ムーブメントの推進などの事業

皆さまからのご寄付をお待ちしております。

#パラスポーツ支援

活動情報

更新日:2022/09/14

<協会の事業>

(1)全国障害者スポーツ大会をはじめ各種パラスポーツ競技大会およびパラスポーツイベントの開催および奨励
(2)パラスポーツの指導者の育成 
(3)パラスポーツ団体および関連団体との連携・協働、支援
(4)パラスポーツに関する相談、指導および普及啓発
(5)国際パラリンピック委員会などおよび国際的な障がい別競技団体の事業への参画、国際協力
(6)国際パラスポーツ大会への選手、役員などの派遣および成績優秀者の表彰など
(7)パラスポーツ選手の競技力の向上など
(8)パラリンピックムーブメントの推進
(9)パラスポーツ関連の調査研究
(10)パラスポーツ教育
(11)パラスポーツの広報

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、LINEヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
2,057,585
寄付人数
4,672
現在の継続寄付人数:12
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

公益財団法人日本パラスポーツ協会

公益財団法人日本パラスポーツ協会は、昭和39年に開催されたパラリンピック東京大会を契機に、わが国の身体障がい者スポーツの普及・振興を図る統括組織として、「財団法人日本身体障害者スポーツ協会」の名称で昭和40年に厚生省(現 厚生労働省)の認可を受けて設立されました。
令和3年10月には、国民のパラスポーツへの理解や関心、認知度をさらに高めることや、障がい当事者のスポーツへの触れあいを増やし競技への参加意欲を高めることを目的に、一般名称として広く社会に認知されてきた「パラスポーツ」の名称を取り入れた、公益財団法人日本パラスポーツ協会に、協会名称を変更しました。

当協会の目指すパラスポーツの普及や選手育成に取り組み「活力ある共生社会の実現」に向けてご支援をお願いいたします。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はMeta Platforms Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト