概要

ICANの診療所で活躍する住民ボランティア

フィリピンのパヤタスゴミ処分場周辺の住民はその劣悪な環境から常に病気の危険に晒(さら)されていますが、経済的・社会的要因から医療サービスを受けることができず、命を落とす人が多くいます。そのような状況の中で当団体の診療所は、この地域唯一の診療所として住民に広く認知されています。また、住民自らが自分たちの健康を守れるように、診療所の運営を住民主体で行えるようにするための研修も実施しています。しかし、診療に必要な医療器具や薬が慢性的に不足しています。

寄付金の使いみち

子どもにビタミンAを投与する看護師
子どもにビタミンAを投与する看護師

皆さまからお預かりしました募金は、
※診療所の医療器具、および治療薬購入費
※診療所運営維持にかかる費用
※住民グループの研修費
※栄養不良児の栄養改善プログラム費
などの、パヤタスにおける保健・医療・生計向上プログラムのための資金の一部として使用させていただきます。
例えば、100円で頭痛薬10個が購入できます。例えば、3000円で粉ミルク1か月分が購入できます。
住民の健康と笑顔を守るために、皆さまご協力をお願いいたします。

アジア日本相互交流センターのホームページ
詳細な情報を知りたい方は同団体ホームページをご覧ください。