• 乳幼児健診の様子

カンボジアでの支援活動

農村で子どもの健康を守るため、農村地域の人材育成、病院や保健センターといった保健システムへの支援を通し、子どもが健康に育つ村づくりを目指して活動を行っています。

乳幼児健診に参加する母子(カンボジア)

東ティモールでの支援活動

小中学校での保健教育の普及を目指し、子どもたちが自らの健康を守るための知識や習慣を身につけ、家庭や地域で広めていけるよう、行政と共に学校保健を担う人材の育成や仕組みづくりを進めています。

小学校で行う手洗い活動(東ティモール)

シェア=国際保健協力市民の会の動画
https://www.youtube.com/user/NGOSHARE(外部サイト)

寄付金の使いみち

「カンボジア」
予防可能な病気で亡くなる子どもたち。妊娠・出産が原因で命を落とす母親。そんな命を守るため、乳幼児健診や村人や医療者へのトレーニングを行います。

「東ティモール」
子どもたちを取り巻く環境は厳しく、下痢や肺炎などの予防可能な病気が原因で亡くなる子どもも少なくありません。健康で豊かな未来のために、学童期に病気を予防するための正しい知識や習慣を身につけるための学校保健活動を行います。