概要

防護服を着用しての医療活動

西アフリカのギニアから、感染者が発生したエボラ出血熱は、隣国であるリベリア、シエラレオネそしてナイジェリアへも感染が拡大し、8月11日までに、感染者は1,849人、内1,013人が死亡(世界保健機関、WHO)。特にリベリアとシエラレオネでは、連日感染者が増加しています。特にリベリアとシエラレオネでは、連日感染者が増加しています。
エボラ出血熱はこれまで主に東アフリカで発生していたが、今回の西アフリカでの流行はこれまでにない感染者数を記録し、国際赤十字及びギニア・リベリア・シエラレオネ・ナイジェリアの各国赤十字社は感染者を支援するために、国際社会に資金援助を要請しました。
この要請に応え、日本赤十字社は8月14日から「2014年西アフリカ エボラ出血熱救援金」の募集を開始します。
皆さまからの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

ソフトバンクスマートフォンをご利用の方はこちらより携帯電話料金と一緒に寄付できます。
※受付期間終了後は日本赤十字社が実施する国内外の災害支援、救援活動に活用されます。

寄付金の使いみち

劇を使いエボラ出血熱の知識を普及するボランティア
劇を使いエボラ出血熱の知識を普及するボランティア

ギニア・リベリア・シエラレオネ・ナイジェリアの各国赤十字社は感染者を支援するために、それぞれ国際赤十字を通じて国際社会に資金援助を要請しました。

※支援対象国は、平成26年8月15日現在のものであり、今後更新される可能性がございます。

○患者に接する医療従事者やボランティアのための感染防護服・資機材の物資支援。
○感染拡大を防止するため、赤十字ボランティアによる、一般住民へのエボラ出血熱に対する正しい予防知識の普及と、感染者とその家族に対するこころのケア活動、また、感染者の追跡調査・感染経路の調査。それらのトレーニング。