IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【日本赤十字社】
国内外で苦しんでいる、ひとりでも多くの人を救いたい

寄付受付開始日:2006/08/09

  • 領収書なし
[【日本赤十字社】 国内外で苦しんでいる、ひとりでも多くの人を救いたい]の画像
東日本大震災:石巻赤十字病院で子どもにミルクをあげる日本赤十字社の助産師

日本赤十字社

プロジェクト概要

更新日:2020/02/19

身近なところから世界まで、「救いたい」思いを赤十字と
わたしたちが暮らすこの世界には、気候変動に伴う災害、エイズなどの感染症、紛争と難民問題など、さまざまな社会課題が山積しています。
赤十字はこれらの人道的なニーズに応え、社会課題を解決するため、皆さまとともに、国内外の赤十字ネットワークを生かし、苦しんでいる人を救い続けます。

日本国内では、災害のマネジメントサイクルを意識し、災害で被災された方への医療救護や物資の配付などから、地域コミュニティーでの防災教育や応急手当の普及活動を行っています。

海外では、被災地や紛争地における医療救援から避難民の生活支援の他、防災教育や保健・衛生状態の改善活動など中長期的な支援活動も行っています。特に、防災事業では、「レジリエンス(=立ち上がる力)」を大切に、地域に根差した支援を重視しています。
世界190以上の国と地域に広がる赤十字運動は、幅広い分野で活動を展開しています。

こうした活動は、「救いたい」という多くの皆さまの温かいご寄付によって支えられています。
より多くの方へ支援を届けるため、皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。

【日本赤十字社】東日本大震災~赤十字は被災者の近くに~

寄付金の使いみち

日本赤十字社が行う活動に対して大切に使わせていただきます。
【主な活動】
・災害で被災された方々への緊急医療や物資支援
・将来起こりうる災害に対する防災・減災活動
・健康で安全に暮らすための各種講習会の実施
・地域を支えるボランティアの養成

事業・決算等の詳細は日本赤十字社公式ページをご覧ください。

会員になって継続的にご支援いただける場合は寄付申し込みフォーム(日本赤十字社公式ページ)よりお願いいたします。

活動資金と義援金の違いはこちらをご参照ください。
活動資金、国内義援金、海外救援金の違いとは(日本赤十字社公式ページ)

”#311いまわたしができること防災災害復旧支援”

活動情報

更新日:2020/02/19

「人間のいのちと健康、尊厳が守られる」世界へ
2019年10月、東日本へ上陸し、関東甲信・東北地方などで猛威を振るった台風第19号。
大雨による河川の越水や堤防の決壊などにより浸水被害が相次ぎ、多くの地域に甚大な被害をもたらしました。日本赤十字社は、被災行政と連携していち早く義援金の受付を開始するとともに、避難所を中心とした救援物資の配布や、医療チームを派遣して被災された方々の安全と健康を守る活動を行いました。

2019年台風第19号災害:被災された方を搬送する日本赤十字社の職員(c)Atsushi Shibuya

2017年8月以降、ミャンマー・ラカイン州での暴力から70万以上もの人が避難しているバングラデシュ。山を切り崩した地にあるキャンプでは、竹を組み、ビニールシートをかぶせただけのテントで多くの方が暮らしています。日本赤十字社は、支援要員を現地に派遣して、平時から地域に根付いた活動を展開している地元のバングラデシュ赤新月社とともに、保健医療支援などを行っています。

バングラデシュ南部避難民救援:危機的な状況を乗り越える力を信じて

また、日頃から、自身の安全や身近な大切な方を救えるよう、救命・応急手当などの講習会や、学校教育を通じて防災や国際人道法に代表されるような赤十字が大事にする考えなどを伝えています。

AEDってどうやって使うの?
子どもたちへの教育は時に世界の行動も変えます

日本赤十字社のさまざまな活動を日本赤十字社公式YouYubeチャンネルで公開しています。

※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
7,519,509
寄付人数
17,778
現在の継続寄付人数:33
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
  • つながる募金
    携帯電話利用料金のお支払いと一緒に寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

日本赤十字社

日本赤十字社は、「わたしたちは、苦しんでいる人を救いたいという思いを結集し、いかなる状況下でも、人間のいのちと健康、尊厳を守ります。」という使命のもと、世界中の赤十字が共有する7つの基本原則(人道・公平・中立・独立・奉仕・単一・世界性)に従って活動しています。

日本赤十字社は、1877年に前身である「博愛社」として設立以来、140年以上の歴史と活動の実績があります。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト