中学生に教えたい「がん教育」基金

寄付受付開始日:2010/12/24

  • 領収書なし
[中学生に教えたい「がん教育」基金]の画像
日本のがん検診受診率は、先進国で最低

日本対がん協会

プロジェクト概要

更新日:2020/11/30

今、日本人の2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなっています。ですが、日本ではがんの教育はほとんど実施されていません。また、教えられる指導者もほとんどいません。がん受診率が低迷する大きな理由の一つです。これを打開するために文科省・厚労省と連携し、生徒の発達段階を考慮しながら、がん教育を進めます。「がん教育基金」に寄せられたお金で教材を作成し、中学生に無償配布する計画です。

現在、日本人の2人ががんになると言われています

寄付金の使いみち

皆様からのご支援で、中学校生にがんを分かりやすく学習できる教材(アニメーションDVDなど)を無償配布。また、医師による「課外授業」も出前で実施する計画です。生徒だけでなく、教材を持ち帰った後、両親への「がん啓発」が期待できると考えます。
詳しくはこちら

日本対がん協会のホームページ
詳細な情報を知りたい方は同団体ホームページをご覧ください。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、LINEヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
67,109
寄付人数
566
現在の継続寄付人数:1
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • Vポイント
    Vポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

[日本対がん協会]の画像
日本対がん協会

日本対がん協会は、がんの撲滅を目指そうと1958年に設立されました。半世紀以上にわたり皆様からのご支援を受けて活動してまいりました。主な事業は早期発見のため検診の推進、正しいがん知識の普及啓発活動、子どもたちへのがん教育、禁煙運動の推進、専門家の育成、患者支援などになります。患者が家族とともに、健康で豊かな生活ができる社会を目指し「がんに負けない社会をつくる」活動をしています。

    この団体に関連するプロジェクトはこちら

    領収書発行について

    このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

    Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

    記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
    ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

    ※本コメント機能はMeta Platforms Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

    • Facebookでシェアする
    • X(旧Twitter)でシェアする

    注目のプロジェクト