概要

苗木を1本1本しばり、植林していきます

今、世界中の森林が減少を続けています。なかでも、地球上の生物種の約半数が生息し、多種多様な生態系を育(はぐく)む熱帯雨林は危機的状況にあります。NPO法人アジア植林友好協会では、インドネシア・カリマンタン島で、豊かな熱帯雨林の再生を目指し「生命(いのち)の森づくり」プロジェクトとして植林活動を進めています。今回、この活動に賛同したファッション誌「MEN'S EX」とのコラボレーションにより、オリジナル壁紙をご用意いたしました。皆さまのご支援ご協力をお願いいたします。

寄付金の使いみち

オランウータンの棲める豊かな森がどんどん消えています
オランウータンの棲める豊かな森がどんどん消えています

いただいた募金は、全額、NPO法人アジア植林友好協会に寄付され、インドネシア・カリマンタン島での植林活動に使用いたします。

具体的には、5,000円ごとに2本の苗木を植林し、継続して保育・管理までを行うことができます。
2本のうち、1本は「エコロジーの木」と名付け、熱帯雨林を形成する原生種を植林して森の再生を目指します。
もう1本は「エコノミーの木」。こちらは、木材として利用できる樹種を植林し、10年間の管理・育成の後、伐採して現地で家具などに加工し、その収益を再植林に循環利用していきます。

アジア植林友好協会のホームページ
詳細な情報を知りたい方は同団体ホームページをご覧ください。