• 地震直後の現地状況(写真提供:日本赤十字社)

  • 概要
  • 活動情報 2016年5月02日 更新

2015年4月25日に発生したネパール地震とその後の余震により、ネパールおよび周辺国で8,700人以上の犠牲者がでました。
これは、1995年に起きた阪神・淡路大震災の6,434人を超える犠牲者の数です。
また、負傷者は15,000人以上、全壊した建物は約30万棟、半壊は約27万棟、文化財も多数倒壊するなど甚大な被害をもたらしました(5/21)。
Yahoo!基金は、これらの被害状況を受けて緊急支援募金を立ち上げました。
被災地並びに被災者の復興のために、皆さまからのご支援をよろしくお願いいたします。

地震直後の現地状況(写真提供:日本赤十字社)

ネパール地震後のネパールの状況を伝えるニュースをいくつか紹介します。

大地震からの復興急ぐ ネパール首相に本紙単独会見
Yahoo!ニュース - ネパール地震

2016年5月

4月30日で募金受付を終了いたしました。
たくさんのご支援をいただき、誠にありがとうございました。
本募金の最終寄付報告は、2016年6月頃を予定しています。

2016年4月

ネパール地震から1年、Yahoo!基金寄付先からの報告
http://yahoojapanpr.tumblr.com/post/143352790647/nepal

2015年11月

第2回の寄付を以下の通り実施しました。

寄付先と寄付金額
ネパール大使館:1500万円
特定非営利活動法人国連WFP協会:200万円
公益財団法人国際開発救援財団(FIDR):200万円
特定非営利活動法人シャプラニール市民による海外協力の会:200万円
公益社団法人アジア協会アジア友の会: 200万円
特定非営利活動法人ADRA Japan: 200万円
認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン: 200万
特定非営利活動法人国際協力NGO IV-JAPAN: 200万円
特定非営利活動法人ピースウィンズ ・ジャパン: 200万円
認定NPO法人ヒマラヤ保全協会: 200万円
特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン: 200万円
公益社団法人日本ネパール協会: 200万円

2015年10月

第1回の寄付先団体とともにネパール応援ナイトを開催、その中で各団体より活動報告がありました。
また、登山家の栗城史多さん、ネパール政府公式通訳のジギャン クマル タパさんそれぞれより現地の状況などのお話を伺いました。
このイベントの模様は、こちらのレポートでもご覧いただけます。

2015年6月

第1回の寄付を以下の通り実施しました。

寄付先と寄付金額
日本赤十字社: 4,000万円
特定非営利活動法人シャプラニール市民による海外協力の会: 200万円
特定非営利活動法人国連WFP協会: 200万円
公益財団法人プラン・ジャパン: 200万円
特定非営利活動法人Rainbow Children Japan: 200万円
特定非営利活動法人メドゥサンデュ モンドジャポン(世界の医療団): 200万円
公益財団法人ケア・インターナショナルジャパン: 200万円
公益財団法人国際開発救援財団: 200万円

寄付金の使いみち

皆さまからお預かりした募金は、ネパール地震の緊急支援活動、復興活動に取り組む国際NGOへ送金いたします。
日本赤十字社のほか、今後の状況に応じて送金先団体は随時追加いたします。
※キャリア決済による継続募金を行った場合、募金受付期間終了後はYahoo!基金が実施する国内外の災害支援及び、非営利団体への助成活動に活用されます。
※クレジットカード募金の手数料についてはヘルプページをご確認ください。